口唇口蓋裂の息子からもらったパパの貴重な体験談

様々な経験がパパを成長させる!?

唯一持っている口唇口蓋裂の本はこれ!

産まれる前は心配で心配で

口唇口蓋裂のことをネットで色々調べました。

 

衝撃的な写真の数々。。

 

ネットでフラフラ〜と見てると

どうしても写真が目に入るんですけど

私はその写真がダメでした。

 

唇裂の写真は産まれてくる息子と重なって見えるので、

どうしても気分が落ち込みました。

口の中の写真もよくあるんですが、真っ赤で怖いんですよね。

 

血とか苦手だし(ToT)

 

だから写真が目に入る度にドキッとして、

怖々ページを開いてました。懐かしいなぁ。

 

いまなら、ふむふむなるほどねって感じで見れますね。

 

人間慣れます。

 

それでこの本、自分でそろそろ買っておこうかなと

思っていたら親が送ってきてくれたんです。

これが結構わかりやすい。

やさしい言葉で説明してくれてます。

 

この本にももちろん写真はあるんですが、

どこにどんな写真があるか本だと覚えますよね?

 

だからページを飛ばせるし、

まあまあ安心して見れるわけです(笑)。

 

f:id:cgemon:20170629171533j:image

 

産まれてから形成外科の病院にこの本を持って行って、

「こっちの手術が良いって書いてありますけど、

うちの子はこれでやるのですか?」

なんて質問したりもしました。

 

ちなみにうちの子の場合は、

その良さそうなやつではなくて、

裂の大きさから、他の手術になるそうですけど。。。(T_T)

 

先生も持っていたので有名なんだと思います、この本。

わかりやすいしおすすめですよ。

 

ではまた!