口唇口蓋裂の息子からもらったパパの貴重な体験談

様々な経験がパパを成長させる!?

歩行器が結構悪者扱いで驚いたけど買いました。

口蓋裂の手術が来年の5月に決まって、それまで特にイベントもないので最近はとても平和に過ごしています。。。

 f:id:cgemon:20171212234416j:image

なんちゃって。そんなわけない。毎日が戦い。

 

サラリーマンを辞めて自営業でずっと家にいると、ママってこんなに大変だったのね?ってつくづく思います。平日は寝顔しか見れず土日だけ子供達と触れ合ってるぐらいじゃ分からないことがいっぱい。この話はちょっと置いといて。

 

ちょっと気になること

口唇裂の術後2.5ヶ月が経ちましたが、唇のひきつれが目立ってきてます。先生からは目立ってくるようだったら口蓋の手術の時に一緒に修正していきましょうと言われていて、多分これはやりますね。でももっと良くなるだろうと思ってあまり心配はしてません。息子の負担は大きくなってしまうけど。踏ん張ってもらおう。

 

 

歩行器購入

さて。うちの四男は足を地面につけて両脇を抱えるとぴょんぴょん跳ねてそれはもう楽しそうにキャッキャはしゃぎだします。これがMAXキツイ。肩と腕が毎日パンパンでパパもママも悲鳴をあげていました。

 

しかも日に日に重くなっていくし。ミルクで育っているせいか兄貴3人とは肉付きも違う。パンパン。ミシュランマン。それで自分の足であれだけぴょんぴょんできるのだから歩行器乗れるよね?乗ったら一人で遊んでくれるんじゃない?

 

それで1ヶ月ほど前、息子が6ヶ月を過ぎた頃に歩行器を買いました。ネットで西松屋の安いやつ。

 

これが大正解でした。大活躍してます。

抱っこが疲れた時、何か作業したい時、ちょっとぐずった時、解決してくれます。少しの間だけど。本人は気分転換になるんだろうなと思います。抱っこも飽きるだろうし、床に解き放っても飽きますね。

 

ご機嫌の時は乗ったら凄いですよ。

部屋の端から端まで1秒くらいでビューって飛んで行ってしまうんですから。

あれは暴走と言っていいです。机か人にぶつかってようやく止まります。

当たると痛いんだよな〜。あれはもう凶器。

 

ネットであまり良い事が書かれていないのです。

買う前に何歳くらいから乗せられるものなのかネットで調べていると結構デメリットが目につきました。行動範囲が広がるから色々危ないというのと発育に影響を与えるということ。この2つ。

アメリカ小児学会では歩行器の製造、販売の禁止を求めてるそうですよ。びっくりしました。そんなに悪者になっているとは。 

Baby Walkers: A Dangerous Choice - HealthyChildren.org

どこかでこの米国小児学会サイトを紹介してくれていたのだけどわからなくなってしまいました。。。

 

親の都合で考える前に、みたいな事を書いてあるサイトもあって、、、いやそりゃ完全にうち、親の都合ですわ。

 

でも常に目の届くところにいるし、長く乗って30分かな?ぐずったら降ろしますから。

 

はっきりは言えないけど大丈夫だと思います。

 

だって私も40数年前乗ってましたし、玄関から落ちて怪我もしたらしいですがこんなにデカく元気に育ちました(笑)。

 

発育に影響があったとするなら、短足なところか?笑

 

ではまた!